利便性のよいエリア

住むのに重要な利便性

住みやすさを考えた時に重要なのが、利便性です。利便性がよければ、土地を売りたいと思った時にも高く売れる可能性が高くなります。日本の不動産の場合、利便性とは駅までどれぐらい近いかということが条件となります。駅近物件であれば、通勤・通学がしやすく、人が呼びやすい、駅前の商業施設が利用しやすいなどのメリットがあります。駅から近い方が利便性は良くなります。さらに、役所や郵便局、病院、学校などの施設が充実していれば文句なく、利便性の良い土地と言えます。ただし、全ての条件が揃った土地は探すのが難しいため、どれを優先するのかを考慮して土地は選んでいきます。また、利便性の良い土地は予算も高くなるため注意が必要です。

チェックするポイント

利便性を重視して土地を探す場合には、様々なポイントを考慮して選ぶ必要があります。一見駅に近くて便利そうだと思ったとしても、必ず現地に行ってどんな交通アクセスになっているか、駅から徒歩何分で着くのかを実際に歩いてチェックします。また、周辺環境などを実際に見ることも重要です。通勤・通学のためのアクセスも調べます。広告と実際に歩いた時間は異なることも多く、ラッシュ時とも時間は大きく違ってきます。電車やバスの待ち時間なども考慮して状況を想像します。それに加えて、買い物や病院などの生活も考慮します。スーパーや病院、ATMなど生活に必要なものはどこにあるのか、スムーズに生活できるのかなどを総合的に考えて選んでいきます。