土地の適正価格

公的な価格を調べてみる

工場で作られる製品は同じものであれば同じ価格が付けられます。では土地はどうやって価格が付けられるかですが、残念ながら土地は一つとして同じものがありません。いくら隣り合う同じ面積の土地であっても方角や道路に面している数などが異なれば違う土地になり、それぞれの価格が異なるのが一般的です。実際に土地を購入するときは売主との交渉になり、何も情報がないと提示額に応じざるを得ないでしょう。交渉をする上で適正価格を知っておけばそれを利用して価格を下げられるかもしれません。適正価格には公示価格や基準地価、路線価などがあり、これらは公的な機関から定期的に発表されています。希望する土地が見つかったら適正価格を調べた上で交渉すると良いでしょう。

周辺地域の売買実績を確認

不動産の取引価格は売買の当事者同士の話し合いで決まるので、法外に高い価格が付けられたり逆に安くなる時もあります。土地探しをしている購入者からすればできるだけ安く購入できる方が都合がいいですが、売主が提示してきた価格が適正価格かどうかわからなければ交渉ができません。適正価格を知る方法としてはその土地の周辺地域における売買実績を確認する方法があります。売買実績に関しては公表はされていないものの不動産取引に携わっている不動産業者であれば一定の情報を持っているはずです。仲介手数料をケチって個人間で取引をするのではなく、不動産業者に仲介してもらって適正価格を教えてもらいましょう。ただし業者によって売買実績の情報が異なるときがあり、その時は交渉が難航するかも知れません。